国際観光旅館 ほてるISAGO神戸 若おかみのブログ 神戸の旅館 ほてるISAGP神戸はこちら

2018年12月26日

あっという間の1年でした

「あけましておめでとうございます!」 で明けた2018年。

さて、皆様にはどんな1年でしたでしょうか?

今年は今日まで比較的暖かな秋冬で、とりわけ寒がりの私には有り難い今日この頃です。

今年の文字は「災」。今年は本当に天災の多い年でした。

ここに改めて被災された皆様に心からお見舞い申し上げます。

大雨と地震と台風と・・・私たち宿を営むものとしては、こんな時はある意味避難場所にもなって、地域の皆様のお役に立たなくては!とも再確認した年でもありました。

『備えあれば憂いなし』昔の人がつぶやく言葉は、一つ一つが本当にそうだとうなづくことばかり・・・噛みしめて精進しなくては!と襟を正す思いがしました。

 

いよいよ来年は平成が終わります。

昭和から平成になった時は、昭和天皇が崩御されて元号が変わったのでなんとなく寂しい感じがしました。来年は新天皇の下新しい年が始まります。

平成〜💛💛へ・・・さてさてどんなお名前になるのでしょうか?

 

私の2018年

12月に入り、風邪をひき、車を当てられ、自分の親指を包丁で切って生まれて初めて5針縫う(涙)!ということ以外は、

とてもたくさんの方に支えられて駆け抜けた1年でした。

心からの感謝を申し上げ、来る新しい年が皆様にとって笑顔溢れる素晴らしい年になりますようにと、お祈りいたします。

 

さあ!クリスマスが終わったら次はお正月。いさごの本領発揮のおせちの準備に入ります。

2018年8月14日

2018 夏

皆様大変ご無沙汰しております。

毎日厳しい暑さが続きますが、いかがお過ごしでしょうか?

今年に入り異常気象から、地震・台風・集中豪雨等 災害にあわれた方々には心よりお見舞い申し上げます。

自然の摂理には歯向かえず、人間が踏み込めない見えない力に何も文句が言えないことを、

ここ数年ひしひしと感じています。

人は生きているけれど、その本当は生かされているんだ。と悟らざるを得ません。

なんだか宗教的なお話になってますが、皆様どうか悔いのないよう食べたいものを食べて

したいことをしてくださいね。

 

さて、今年の夏 ほてるISAGO神戸は26年ぶりに全国高校野球選手権大会で北九州代表校の

野球部の選手の受け入れをいたしました。

今年は甲子園100回記念ということで、出場校が増えましたのでいさごにも生徒さんが来てくれることになりました。

10年ひと昔・・・なのに、26年も経っている為当時のスタッフは一人もおらず、頼みの大女将も記憶が薄れいて「さて、どのようにお世話していたんだろう?」と、当時のスタッフに電話をかけたり、私の覚えていることをプラスしたりと準備を始めました。

地方大会での決勝には、当館の営業支配人が北九州まで出掛け出場校にご挨拶し真っ黒になって、興奮して帰ってきたのが昨日のことのようです。

出場校が決まれば後はいつ神戸に来られるのか?食事はどんな内容を希望されるか?等、どんどん具体的になっていき、その日を緊張と共に心待ちにしていました。

お預かりした高校は、北九州の折尾愛真高等学校という私立の学校の生徒さんです。

彼らはとにかく礼儀正しく、明るく、純粋でした。

従業員の年齢層の高いわが社はお母さん世代なので、すっかり愛真高校の生徒さんに夢中になり、朝早くから夜遅くまで彼らが滞在中健康で怪我が無いように、食事面・衛生管理面などに気を配ったり、知らない土地でホームシックにならないか?と話しかけたり、いさごのスタッフにとっても一致団結するという経験が出来た素晴らしいご縁でした。

残念ながら初戦で負けてしまいましたが、試合中の姿は笑顔を絶やさず声をかけ合いスポーツマンらしい、堂々とした立派な姿でした。

ということで、只今うちのスタッフは愛真ロスで大変です((笑))

 

2018年のいさごは、猛暑でエアコンが壊れて大慌てから始まり爽やかな高校野球の選手たちとの出逢いと盛りだくさんの夏をもうすぐ終えようとしています。

2018年3月24日

Four Seasons of Japan

三寒四温を経て、寒い寒い冬がようやく落ち着き桜もぷっくりとつぼみを膨らませる頃となりました。

皆様いかがお過ごしですか?

 

年々寒さが厳しくなり、都会でも雪が降る面白い気候が続きました。

日本は四季(春夏秋冬)があり、私がいるいさごはその四季を一番に皆様に感じていただけるよう努める場所です。

近年外国からの旅行客が増え、特に四季折々の美しさを海外に知っていただく機会が増えました。

日本語にも謙譲語・丁寧語などその状況によって使い分けるという、侘び寂びがありますね?

この侘び寂びも日本ならではの趣です。

お料理ではやはり出汁がその最たるものではないでしょうか?奥深いその味は日本料理全ての基本であり決め手となります。

「あ〜日本に生まれて良かった!」と思える一瞬です。

皆さん今年は是非日本料理を積極的に召し上がってみられませんか?

Four seasons of Japan〜 

We have many wonderful items and foods in Japan through the year.

Hopefully, we would like to enjoy the four seasons of Japan during your stay.

2018年1月 1日

謹賀新年

謹賀新年
平成30年の夜明けです。

さて、今年は戌年。どんな一年となりますやら…

いさごは本年も皆さんにそっと寄り添い、ホットできる優しい場所でありたいと思っております。
本年が皆様にとりまして素晴らしい年となりますよう!
今年も宜しくお願いいたします。

2017年12月31日

「29年さようなら」

今年も今日で終わり。皆さんの平成29年はどんな1年でしたか?
来年からは平成30年の年に入ります。
この平成という年号も、もしかしたら最後かも・・・なんてことを思いながら
暮れていく平成29年の31日でございます。
いさごは年末年始も休みなく営業いたしております。
また来る年も ほてるISAGO神戸 をご贔屓賜りますようお願いいたします。

{

2017年12月26日

ふりかえる・・・

今年もあと5日ですね。

 20歳を過ぎると月日が経つのが早いといいますが、私もずいぶん前に20歳を過ぎたので、早い早い(笑)

 昨年末におせちを配達したのが昨日のようです。

 1年あっという間ですが、でもやはり色んなことがあるのが1年ですね。

 楽しいこと悲しいこと・・・私にとってその色んなことは、時間という戻れない力で前に進まされているんだなと噛みしめたこの1年でした。そう、ということはいち日いち日いえ、その瞬間瞬間がとても大切なんだということになります。当たり前の時間が実は当たり前ではなく、与えられているんだということ。それがわかった2017年でした。


皆さんもいち日いち日、瞬間瞬間大切に・・・そういう視点から一度皆さんの毎日を見てみられませんか?

 

2017年11月22日

ようやく秋らしくなってきました

 ご無沙汰しております。

 ようやく山の木々も赤黄緑と色づいてきました。

 皆様お風邪など召されずお元気にお過ごしでしたか?

 

待ちに待ったズワイガニも解禁となりました。料亭いさごも準備万端です!

 そろそろ忘年会も始まります。1年の慰労を分かち合いながらご会食されている皆様の笑顔を見るのが、私たちの何よりの喜びです。

 ところで、忘年会といえば・・・

いさごは意外とお安く個室でご会食いただけますよ。

 ご予算にも柔軟にご対応しておりますので、どうぞお気軽にお訊ねくださいませ。

 毎年恒例の光のトンネル ルミナリエも準備万端です。今年は8日〜17日の10日間の開催です。美しい光に包まれに神戸に来られませんか?

 クリスマスも今年は週末になります。今年の冬はカレンダーばっちっりですね!

2017年6月16日

いさごの名物について考えてみた・・・

梅雨に入った途端大雨が降ったので「今年は雨が続くのかしら?」と思っていたら、「おや?」まさかの空梅雨?と思うほどいいお天気が続く今日この頃でございます。
昼間は汗ばむほどに暑かったりしますが、夜になると1枚羽織りたくなるような涼しさだったりして、何とも面白い気候です。
それでもこの時期は川沿いをポツポツと蛍が可愛い光を放っていて、何とも風情がある良い季節でもあります。

さて!本題に入りましょう。
どのお店にもその店のいわゆる名物というものがございます。物だったり人だったり・・・
さてこのいさごにもないものか?と考えました。
食べ物で自慢は、いさごでしかない物を作ろう!と、完成までに1年以上を費やしたいさごの社外販売第1号の『神戸牛しぐれ煮』。
これは神戸セレクション7を皮切りに、5つ星ひょうご・兵庫名品会・そしてモンドセレクション銀賞・iTQi2016では星を2ついただき、神戸市だけでなく全国からお取り寄せいただいています。
さて、では人は?と考えますと。 わがいさごには名物女将 砂金美津子がいるではあ〜りませんか!
うちの女将さんは何回もこのブログで紹介させていただいておりますが、御年〇〇歳ですが明るくバイタリティ溢れる女将でございます。
女将の身上は”自然体”。その言葉通り壁がなくスッと人の懐の中に入ってしまう、不思議な力を持っている人です。
そしてなんと! 女将は少し霊感があるようで、何が出来るとかは保障のこともありますのでここでの言及はあえて控えておきますが、会っていただくとそれがわかると思います。(しかしながら、当たるも八卦当たらぬも八卦・・彼女の才能は気まぐれですので、毎回というわけではありません。あしからず。)
でも何より間違いないのは、女将と会った方は元気をもらってお帰りになられるといことです。

さてさて、いさごの名物2つ。神戸牛しぐれ煮と女将。覚えて頂けましたか?(笑)

2017年5月11日

久方ぶりの・・・

桜は美しい時を過ぎ、5月5日の節句も済ませ何となく汗ばむ頃となりました。

いかがお過ごしですか?

さて、ゴールデンウィークも終わり少し遊び疲れ?や家族サービス疲れ?の方もいらっしゃると思います。

そんな体の弱みに付け込んでくるのが!今時にひく『風邪!!』でございます。

今は時期的にも黄砂やPM2.5が蔓延していて、何を隠そう私も目は痒い!喉はイガイガして何とも落ち着かない毎日を送っております。

皆様どうかお気をつけくださいませ。

 

先日、何気なく家にある本を久しぶりに見ていたら、その中に「日本人の数のしきたり」という本がありました。

日本ならではの数についての言い回しや、意味などなかなか興味深く面白い内容になっています。

今月でいいますと、数字は「5」

例えば、5月5日の端午の節句は男の子の健やかな成長を願う行事とされています。

菖蒲の匂いから鬼を追い払うということで、菖蒲を家の軒に葺いたりお風呂に入れたりしたのが始まりのようです。その後菖蒲が「尚武(無事を重んじること)」に通じることから、武家の行事として盛んになり、現在の男子の節句になっていったそうです。

あ!だからこの時期はみんなの体調のバランスが悪くなるのかしら?

昔の人は良くわかっていらっしゃる!

 

さてさて、それでも悪いことばかりではありません。

芽を吹き青葉が茂る美しい季節。お魚にお野菜に・・・美味しいもの目白押し!

さあさあ皆様、痩せている暇はございませんよ!来る夏を前にバランスのいい食生活を心がけていただいて、楽しい毎日をお過ごしくださいませ。

 

旅館のサイトへ

Copyright (C) ほてるISAGO神戸 All Rights Reserved. Produced by geniusweb