国際観光旅館 ほてるISAGO神戸 若おかみのブログ 神戸の旅館 ほてるISAGP神戸はこちら

2017年5月11日

久方ぶりの・・・

桜は美しい時を過ぎ、5月5日の節句も済ませ何となく汗ばむ頃となりました。

以下がお過ごしですか?

さて、ゴールデンウィークも終わり少し遊び疲れ?や家族サービス疲れ?の方もいらっしゃると思います。

そんな体の弱みに付け込んでくるのが!今時にひく『風邪!!』でございます。

今は時期的にも黄砂やPM2.5が蔓延していて、何を隠そう私も目は痒い!喉はイガイガして何とも落ち着かない毎日を送っております。

皆様どうかおきをつけくださいませ。

 

先日、何気なく家にある本を久しぶりに見ていたら、その中に「日本人の数のしきたり」という本がありました。

日本ならではの数についての言い回しや、意味などなかなか興味深く面白い内容になっています。

今月でいいますと、数字は「5」

例えば、5月5日の端午の節句は男の子の健やかな成長を願う行事とされています。

菖蒲の匂いから鬼を追い払うということで、菖蒲を家の軒に葺いたりお風呂に入れたりしたのが始まりのようです。その後菖蒲が「尚武(無事を重んじること)」に通じることから、武家の行事として盛んになり、現在の男子の節句になっていったそうです。

あ!だからこの時期はみんなの体調のバランスが悪くなるのかしら?

昔の人は良くわかっていらっしゃる!

 

さてさて、それでも悪いことばかりではありません。

芽を吹き青葉が茂る美しい季節。お魚にお野菜に・・・美味しいもの目白押し!

さあさあ皆様、痩せている暇はございませんよ!来る夏を前にバランスのいい食生活を心がけていただいて、楽しい毎日をお過ごしくださいませ。

 

2017年3月 5日

只今明け方の4時でございます

おはようございます〜
大変ご無沙汰しております。
何をしていたか・・・そして今何をしているのか???
そのように思いながらこのブログをお読みいただいているかと思います。
そうです。私は只今夜勤フロントの最中でございます。「なぜか?」それは急に夜勤さんが来れなくなり、急遽私が買って出たという、別に面白くもなあ〜んともないお話であります。

それよりも、ご無沙汰しておりましたこの2ヶ月の間にまたまた色んなことがございました。
一番はやはりフロントで勤めていた、わが社で唯一の若手女子がブライダルの分野で勉強したいと巣立っていったことです。彼女とは1年も一緒にいられませんでしたが、にこにこと笑顔を絶やさない最近稀にみる勤勉な女子でございましたので、とても別れがたい思いでした。
最後の日に女将が「上手くいっている時には連絡しなくていい。困ったことがあったらいらっしゃい。」と手向けた言葉がとても印象的でした。
別れがあってもそのような時に思い出してくれる場所でもあらねばと、その時噛みしめました。

今年は寒さが厳しく、寒がりの私は毎日調理場の蒸し器にもたれて身体を解凍しながら春よ来い!早く来い!と指折り数えておりました。
そんな季節もようやく〜まずは日差しから春がそこまで来ていることを知らせてくれています。
三寒四温・・・まだまだ寒さはあるでしょう。けれど年が明けてまだ2か月しか経っていないけれど別れと出逢いを迎えるこの季節。
そう!このいさごにもフロント、接客と3名の新しい仲間が入りました。
ちょっぴりさみしかった館内が、新しい風と共にポッツと明るく活気に満ちています。

春休みが終われば、もう新学期!
いさごも気持ちも新たに動き出します!

あら、朝食さんがやってきました。
今朝は団体様のご出発が早く、朝食さんもいつもより早い出勤です。
通勤組の私は日頃朝食さんにはゆっくり会う機会がありません(いつも入れ替りで挨拶はしますが)
こうして寝ずに朝を迎え、朝早くから頑張ってくれている朝食さんに「おはよう!」と声が掛けられるのも、やっぱりいいものです。

さあ、今日はまだ日曜日。皆さんはお休みですね。
いさごは今日もご家族連れやご友人とお食事にお見えになられるお客様を笑顔でお迎えします。
もうすぐしたら、日勤さんもやってきます。
その前にモーニングコーヒーでも飲もうかしら?
それでは皆様 素敵な週末を!

2016年12月31日

新年明けましておめでとうございます

良いお天気の新年でございます〜

新年明けましておめでとうございます!
今朝はいさごの大宴会場・千景「せんけい」より素晴らしい初日の出を拝みました。
今年は良い1年になる!そう実感いたしました。
今年 酉年が皆様にとりまして、幸多き素晴らしい年となりますように・・・

本年もほてるISAGO神戸を何卒よろしくお願い致します。

行く年来る年・・・

アッ!という間に今年も今日でおしまいですよ〜(汗)
そして明日からは新しい年、平成29年が始まります! 何が違うの? わかりません・・・
年々年を重ねると、日々の煩雑にかまけて季節の移り変わりや年が変わることに余り心が動かなくなっています。昔は大掃除をしてレコード大賞を観て、紅白歌合戦を観ながらいよいよ年が明けるぞ!と期待を膨らませたものです。(あ・・年がばれる)
それでも日本にはこの時期にしか使えない、素敵な言葉があります。私はこの言葉をいうと「あー、年の暮れだなぁ」と感じます。
「よいお年を!」 この言葉を毎日お客様をお見送りするときにお掛けします。
するとなぜか?皆さん笑顔になりそして「よいお年を!」と声を掛けてくださいます。
短い言葉なのに思いやりや、励ましなどがそこに全てが凝縮されていると思いませんか?

今年は年の初めから不倫や解散など、人間関係の難しさを思い知ることが1年通してありました。
ここいさごでも不倫や解散は無いものの、人との関わりの難しさを色々な場面で経験する年となりました。
これからは決して逃げられないSNSの活用も含め、「人のふり見てわがふり直せ」気を付けないとと思うことも度々・・・

便利になっている今日この頃。。。
でもその便利さよりもちょっと面倒くさいことが人と人を結びつけるのには大切だったり・・・次世代にその大切なことを伝えなければと切に感じる年でもありました。

反省や足元を振り返ることが多かったように感じるこの1年。
さてさて、明日からはどんな一年がやってくるのやら〜

師走の最終日、何かとお忙しいとは存じますが少し歩みを止めてこの一年を振り返りそして来る年に明るい明日を期待したいものです。

皆様今年も私のつたない独り言にお付き合いいただき誠に有難うございました。
来る年が皆様にとりまして、そして私にも!幸多き一年となりますようお祈りしたいと思います。
どうぞ良いお年をお迎えくださいませ。

2016年12月21日

今年の私の流行語大賞!

毎年暮れになるとその年の流行語が発表されます。今年は『金』でした。

当館のお客さまたちからは、「砂金(いさご)の金やなあ!」とお声をかけていただきました!ありがとうございます〜

 

今年私はこの「金」以外に心にひっかかる言葉を見つけました。

何だと思いますか?

それは『寄り添う』です。

「あ〜なるほど!」と思われる方もいらっしゃるかと思います。

『人に寄り添う』『物に寄り添う』・・・いろんなことにこの言葉は「寄り添える〜」んです。

この寄り添うという言葉は、どちらかというと少し古い感じがしますよね。

今年になって本当に色々な場面で耳にすることが多くなりました。

とても優しくて、独りぼっちじゃなくて、何故だか心強くなる素敵な言葉だと思いませんか?

年の瀬 何かと気ぜわしく、心も身体も疲れ気味の今日この頃・・・

クリスマスにお正月とイベントが続くこの季節。

皆さんも誰かに寄り添って、何かに寄り添って、または寄り添ってあげてみてはいかがですか?

心が温かくなって、少し元気になれるかも知れませんよ!

2016年12月 3日

1年の疲れが・・・?

お久しぶりでございます。

「バタバタして」という便利な日本語があります。英語では「I was busy」とでもいうのでしょうか?

10月は神無月、11月は霜月、12月は師走・・という呼び名がありますね。

神様が出雲大社に集まるので、各地からいなくなるから神無月。食物月(おしものつき)で神様に収穫を感謝するお祭りをして寒さがやってくるので霜月。年末になってお坊さまがあちこちの檀家さんを回るので大忙しになるので師走・・・とは、まことしやかに皆様ご存知の都市伝説的なお話です。

 

が、この旅館業界は都市伝説ではなくまさしくこの時期大忙しで師走と言わず走り回っている時期であります。

この小さな街中の旅館も例にもれず、スタッフも昼夜問わず走り回っております。

そして、今回の『一年の疲れ』に繋がるのですが、年々濃い〜く美し〜(?)く年を重ねさせていただいておりますわたくし・・・このタイミングにどうしたことか?免疫力が落ちたらしく、歯茎にバイ菌が!!そしてみるみるうちにこぶとり爺さんのごとく顔が腫れ上がり、激しい痛みと頭痛で1週間寝込んでしまいました。

お医者様曰く「火山の爆発!」だそうです・・・

毎日歯医者さんへ通い(祝日も診てくださった先生に感謝!)薬を飲み、そして腫れ上がった顔を、風邪の振りをしてマスクで隠した日々・・・

これだけ聞いたら「かわいそうに」と思ってくださる方もいらっしゃるでしょう。

でも、当館のやんちゃな社長は「おもろいなあ」と大笑いしておりました。

どう思います?正直「ひどい!こんなに痛いのに〰」と。一瞬腹立ちましたが、何となくそれで吹っ切れた私♪

腫れもピークを過ぎると日に日に引いてきて、元の○○いお顔に戻ってまいりました()

 

皆様も1年の締めくくりに、お口の健康ご確認あそばせ〜そうしないと、とっても怖〜いことが待っていますよ!

2016年10月11日

べっぴんさん♪

べっぴんさん始まりました!

皆様大変ご無沙汰しております。

暑中お見舞いのご挨拶をしたと思っておりましたら、あっという間にもう10月も半ばになってしまいました。

今年の夏は暑さが厳しく、長かったですね。こうして涼しくなると気持ちいいですが、向っていく寒さを思うとちょっと憂鬱になる今日この頃です。

さて、来年は神戸港が開港して150年という記念すべき年です。それに先立って先週の月曜日(10月3日)からNHKの朝の連続テレビ小説で「べっぴんさん」が始まりました。

神戸から世界に発信しているものは数々ありますが、その中でも子供に特化して愛されている子供服のファミリアの創業者である坂野惇子さんが主人公のお話です。

もう第4話から涙涙で朝から困っております。

その中の主人公に母が遺した言葉に四つ葉のクローバーの意味を語る件があり、とてもいいのでご紹介します。

「四つ葉のクローバーの葉っぱには、勇気・愛情・信頼・希望

という意味が込められていて、全部合わせると幸せになる」のだそうです。

とても素敵な言葉ですので、皆さんにお裾分けさせていただきますね。

因みに、本来べっぴんさんは美しい人に対して使われていますが、(語源は別嬪〜高貴な女性に遣う言葉〜)このドラマに出てくる『べっぴん』は『別品』という意味だということも付け加えておきます。

ドラマをご覧の方は、その辺もチェックしてみてはいかがですか?

2016年8月 8日

今日は意味ある日

毎日お暑うございます〜
とろけそうな毎日ですね。とりわけ今週は厳しい暑さのようです。

リオオリンピックも開幕し、日本の選手たちは次々とメダルを運んでくれています。
夏の高校野球も始まり、わが兵庫県代表の市立尼崎高校の主将の選手宣誓に胸打たれました。
そして、本日天皇陛下の生前退位についてのお気持ちのご表明に、胸が詰まる思いで真摯にお言葉を受け止めました。

『世代交代』・・・そこには次へつなぐ人の思いや葛藤が込められていて、それは次に引き継ぐ者がそれをしっかりと受け止め、必ず守っていかなければならない責任があるということを、改めて噛みしめました。

今日メジャー通算3000本安打を達成したイチロー選手が、「今日までしんどかった。でも記録を達成したことで、チームメイトがあんなに喜んでくれて、そしてファンの皆が祝福してくれた。僕が何かをすることによって、僕以外の人が喜んでくれることが、今の僕にとって何より大切なことだと再確認した。」とクールガイが涙を浮かべて話す言葉に、胸が熱くなりました。

人がこの世の中で生きていく中で、人と交わらずに過ごすことは出来ません。
いかにその時間や関わる人を大切にして生きていくのか?
男は度胸、女は愛嬌と昔の人は良く言っていましたね。最近ではそんな言葉も聞かなくなりました。
でも、この言葉も今だからこそとても大切なのでは?と思うのです。
私の信条は「どうせやるなら気持ちよくする!」です。例えば1時間何かをする時に、いやいやしても笑顔で過ごしても同じ1時間なら笑顔で過ごしたいということです。
天皇陛下はご高齢でご体調が優れない中でも、被災地を訪ねられ外交もこなされています。
そしてそこにあるのは『笑顔とやさしいお言葉』です。

先日ラジオ体操が近くのお寺でありました。帰りにそのお寺で掲げている「今月の言葉」が目につきました。
そこには「意志が濁ると意地になり、口が濁ると愚痴になり、徳が濁れば毒になる」とありました。
う〜ん、その通り!
ポケモンもいいけれど、この夏はすこしアナログに人や心に触れてみてはいかがでしょうか?




2016年7月17日

まだ梅雨明けねど・・・

皆様暑い日が続いておりますが、いかがお過ごしでしょうか?
今年はまだ梅雨も明けてはおりませんが、もはや猛暑の予感!
そんな中、高校野球のナインたちは連日選抜試合に汗を流しています。青春でございます。
世界が日本が目の前のことに行き詰っている中、高校生の礼儀正しい姿は暑さも吹き飛ぶほど爽やかだと思いませんか?

いさごは嘗て高校野球の定宿でございました。今は高校野球観戦のご家族連れや応援団の皆様がお泊りくださいます。
今年はどんな試合になるのか・・・皆さんも夏休み神戸に来て野球いかがですか?

2016年6月14日

嬉しいおしらせ その2

皆様お久しぶりでございます〜
毎日過ごしやすくなりましたね。
ご無沙汰している間にいさごには嬉しいニュースが2つ入ってきました!

いさご特製の『神戸牛しぐれ煮』が今年の ”モンドセレクション” で銀賞・そして食品の優秀味覚賞と言われる ”iTQi ” で★2ついただきました。
物議は色々あるとは思いますが、半年以上前からいさごは直接先方とコンタクトをとり審査まで漕ぎ着けました。様々な書類提出などなかなか大変だったのでその分喜びもひとしおです!

『いさごの神戸牛しぐれ』は、会席にお出ししている神戸牛のヘタを集めて、調理場さんが何時間もかけてご飯の時にそっと添えたのが始まりでした。
そのうち召し上がったお客様から「食べたことのないしぐれだから、持って帰りたい!」と言われるようになり、「それならば!」といさごで初めて商品として誕生しました。

いさごの『神戸牛しぐれ煮』は、他に神戸セレクション7と5つ星ひょうごの認定もいただいております。
これも召し上がってくださった皆様が、「美味しい!」と言ってくださったからこそと感謝しております。

え?
まだ召し上がったことがない?
是非是非、一度お召し上がりいただけたら嬉しいです〜♪




旅館のサイトへ

Copyright (C) ほてるISAGO神戸 All Rights Reserved. Produced by geniusweb