国際観光旅館 ほてるISAGO神戸 若おかみのブログ 神戸の旅館 ほてるISAGP神戸はこちら

2016年12月31日

新年明けましておめでとうございます

良いお天気の新年でございます〜

新年明けましておめでとうございます!
今朝はいさごの大宴会場・千景「せんけい」より素晴らしい初日の出を拝みました。
今年は良い1年になる!そう実感いたしました。
今年 酉年が皆様にとりまして、幸多き素晴らしい年となりますように・・・

本年もほてるISAGO神戸を何卒よろしくお願い致します。

行く年来る年・・・

アッ!という間に今年も今日でおしまいですよ〜(汗)
そして明日からは新しい年、平成29年が始まります! 何が違うの? わかりません・・・
年々年を重ねると、日々の煩雑にかまけて季節の移り変わりや年が変わることに余り心が動かなくなっています。昔は大掃除をしてレコード大賞を観て、紅白歌合戦を観ながらいよいよ年が明けるぞ!と期待を膨らませたものです。(あ・・年がばれる)
それでも日本にはこの時期にしか使えない、素敵な言葉があります。私はこの言葉をいうと「あー、年の暮れだなぁ」と感じます。
「よいお年を!」 この言葉を毎日お客様をお見送りするときにお掛けします。
するとなぜか?皆さん笑顔になりそして「よいお年を!」と声を掛けてくださいます。
短い言葉なのに思いやりや、励ましなどがそこに全てが凝縮されていると思いませんか?

今年は年の初めから不倫や解散など、人間関係の難しさを思い知ることが1年通してありました。
ここいさごでも不倫や解散は無いものの、人との関わりの難しさを色々な場面で経験する年となりました。
これからは決して逃げられないSNSの活用も含め、「人のふり見てわがふり直せ」気を付けないとと思うことも度々・・・

便利になっている今日この頃。。。
でもその便利さよりもちょっと面倒くさいことが人と人を結びつけるのには大切だったり・・・次世代にその大切なことを伝えなければと切に感じる年でもありました。

反省や足元を振り返ることが多かったように感じるこの1年。
さてさて、明日からはどんな一年がやってくるのやら〜

師走の最終日、何かとお忙しいとは存じますが少し歩みを止めてこの一年を振り返りそして来る年に明るい明日を期待したいものです。

皆様今年も私のつたない独り言にお付き合いいただき誠に有難うございました。
来る年が皆様にとりまして、そして私にも!幸多き一年となりますようお祈りしたいと思います。
どうぞ良いお年をお迎えくださいませ。

2016年12月21日

今年の私の流行語大賞!

毎年暮れになるとその年の流行語が発表されます。今年は『金』でした。

当館のお客さまたちからは、「砂金(いさご)の金やなあ!」とお声をかけていただきました!ありがとうございます〜

 

今年私はこの「金」以外に心にひっかかる言葉を見つけました。

何だと思いますか?

それは『寄り添う』です。

「あ〜なるほど!」と思われる方もいらっしゃるかと思います。

『人に寄り添う』『物に寄り添う』・・・いろんなことにこの言葉は「寄り添える〜」んです。

この寄り添うという言葉は、どちらかというと少し古い感じがしますよね。

今年になって本当に色々な場面で耳にすることが多くなりました。

とても優しくて、独りぼっちじゃなくて、何故だか心強くなる素敵な言葉だと思いませんか?

年の瀬 何かと気ぜわしく、心も身体も疲れ気味の今日この頃・・・

クリスマスにお正月とイベントが続くこの季節。

皆さんも誰かに寄り添って、何かに寄り添って、または寄り添ってあげてみてはいかがですか?

心が温かくなって、少し元気になれるかも知れませんよ!

2016年12月 3日

1年の疲れが・・・?

お久しぶりでございます。

「バタバタして」という便利な日本語があります。英語では「I was busy」とでもいうのでしょうか?

10月は神無月、11月は霜月、12月は師走・・という呼び名がありますね。

神様が出雲大社に集まるので、各地からいなくなるから神無月。食物月(おしものつき)で神様に収穫を感謝するお祭りをして寒さがやってくるので霜月。年末になってお坊さまがあちこちの檀家さんを回るので大忙しになるので師走・・・とは、まことしやかに皆様ご存知の都市伝説的なお話です。

 

が、この旅館業界は都市伝説ではなくまさしくこの時期大忙しで師走と言わず走り回っている時期であります。

この小さな街中の旅館も例にもれず、スタッフも昼夜問わず走り回っております。

そして、今回の『一年の疲れ』に繋がるのですが、年々濃い〜く美し〜(?)く年を重ねさせていただいておりますわたくし・・・このタイミングにどうしたことか?免疫力が落ちたらしく、歯茎にバイ菌が!!そしてみるみるうちにこぶとり爺さんのごとく顔が腫れ上がり、激しい痛みと頭痛で1週間寝込んでしまいました。

お医者様曰く「火山の爆発!」だそうです・・・

毎日歯医者さんへ通い(祝日も診てくださった先生に感謝!)薬を飲み、そして腫れ上がった顔を、風邪の振りをしてマスクで隠した日々・・・

これだけ聞いたら「かわいそうに」と思ってくださる方もいらっしゃるでしょう。

でも、当館のやんちゃな社長は「おもろいなあ」と大笑いしておりました。

どう思います?正直「ひどい!こんなに痛いのに〰」と。一瞬腹立ちましたが、何となくそれで吹っ切れた私♪

腫れもピークを過ぎると日に日に引いてきて、元の○○いお顔に戻ってまいりました()

 

皆様も1年の締めくくりに、お口の健康ご確認あそばせ〜そうしないと、とっても怖〜いことが待っていますよ!

旅館のサイトへ

Copyright (C) ほてるISAGO神戸 All Rights Reserved. Produced by geniusweb